バツイチが消えるカラクリ

一度離婚を経験している人のことを、昔から「バツイチ」と呼びます。
実はバツイチという言葉は、戸籍の書類が元になっている言葉なのです。

現在の戸籍はほぼコンピュータ化されてしまいましたが、昔は紙ベースで管理されていました。この紙ベースで管理されていた時代に離婚をすると、その戸籍から除籍されたことが分かるように妻(配偶者)の欄に書かれていた名前には大きな×印が付けられていました。

離婚を1回すると×が1つ。つまりバツイチというわけです。

離婚をすると、筆頭者側の戸籍には別れた配偶者との結婚と離婚の事実が記載されます。

バツイチが消える

この離婚歴を戸籍上から消してしまうカラクリがあるのをご存知でしょうか。その方法は2つあります。

1つ目は分籍です。これは結婚していた間、筆頭者ではなかった場合にのみ適応される方法です。分籍とは、両親の戸籍から抜けて自分を筆頭主にした新たな戸籍を作成する、つまり戸籍を分けることをいいます。

離婚後、いったん両親の戸籍に戻った後、別の市区町村でこの分籍の手続きを取ると自分だけの新しい戸籍ができます。その際、両親の戸籍にあった結婚や離婚の事実は新たな戸籍には引き継がれて記載されません。

もう1つは転籍です。転籍とは、本籍地を移すことをいいます。本籍地は実際の住所とは違いますから、引越しをする必要はありません。

書類上で、本籍地を登録されている本籍地とは別の場所へ移す手続きをすればいいのです。この方法は結婚していた間、筆頭者だった場合でも使うことができます。

ここで注意することはどちらの場合も必ず別の市区町村へ本籍を移すこと。同じ市区町村内での手続きでは、離婚歴は消えません。離婚の事実が引き継がれないのは、別の市区町村で新しく戸籍を作る場合のみとなります。

また新しく作られた戸籍には離婚の事実は記載されていませんが、離婚や転籍した際の除籍簿には離婚の事実は残っています。離婚の事実を跡形もなく消すということは不可能で、調べていけば必ず痕跡は残っているものです。

正確には、「バツイチが消える」というより「バツイチを隠す」と言ったほうが正しいかもしれませんね。

このページの先頭へ