逢える

■家庭の事情はケース・バイ・ケース

  • 「養父母に育てられ、感謝はしているが、実の父母にも会ってみたい」
  • 「父親が他界し、相続手続きをすることになったが、三男の所在がつかめない」
  • 「別れた妻に引き取られた息子が独立したが、連絡先を知らない」

離婚率の増加や、やむにやまれぬ家庭の事情によって、離ればなれに暮らさなければならない親子や兄弟がいます。

幼い頃、会えないことが寂しくても連絡を取る手段を見つけられなかったり、あまりにも小さかったために記憶もなく、事実を知らされずに育った人もいるでしょう。また、我が子に会いたいと願いながらも、何らかの避けられない理由があって、それが果たせない親御さんもいます。

しかし、そんな環境でも忘れたことは一度もなかった……。
真実を知ったからには肉親に一目会いたい……。

そう思うのは人として当然のことではないでしょうか。
中には、このまま二度と肉親とは会うことなく一生を終えよう、と決意している人もいるでしょう。

「会いたい」という感情を胸に閉じ込めたままでいるか解放するかは、その人しだいですが、再会を果たすことで心のけじめをつけることができたり、新たなる一歩を踏み出せるという人がいることも、また事実です。

万一、それが思い描いていた結果とは違ったものになったとしても、自分の気持ちに正直に行動したほうが、行動しなかったときよりも後悔は遥かに少ないという場合は多いもの。

もしも、迷っているなら、一歩を踏み出してみませんか?
扉の向こうには笑顔が待っているかもしれません。

■失踪や家出とは異なる肉親捜し

幼少時に肉親と別れてしまうと、本人の記憶がなかったり、あいまいである場合が多々あります。また、親のほうでは、日々の生活に追われ、ほっと一息ついたときには長い年月が経っており、そのときには既に子供は独立して所在がわからなくなってしまっていた……というケースもあるようです。

そんな肉親の間には、諸事情によって、やむなく生き別れとなってしまった親子や兄弟もいます。そこには離婚や死別、経済面など、さまざまな理由があるでしょう。

一旦は離ればなれになってしまった親子や兄弟に一目会いたいと肉親捜しを行う方もいます。離ればなれになったとき、そこに何らかの事情があったことと同じように、肉親探しの理由も多岐にわたっています。

結婚や出産を機にという人もいれば、養父母との死別をきっかけに自分のルーツを知りたくなったという人、遺産相続の手続きのためという人もいます。肉親捜しにおいて特徴的なのが、情報元はあるにはあるけれど、複雑な事情によって、それを直接聞き出すことができないという点です。

■自分で肉親捜しを行う場合

幼い頃に両親が離婚し、父親や母親を知らない場合や、兄弟がバラバラになっってしまった場合など、飽くまで身内の所在を確かるときにのみ使える手法です。

捜す側と捜される側が親子関係である場合では、戸籍や戸籍の附票という書類を辿っていけば、捜し出す事ができるようになっています。
単純にいかないケースもありますが、多くはこの方法で見つけ出すことができます。

事例を踏まえて肉親捜しの方法を説明しているマニュアルも存在します。そこには、肉親捜しについての具体的な手順やさらに詳しい内容、捜索のテクニックなどが書かれています。

本気で両親や兄弟との再会を思い描いている人、まだ見ぬ肉親と一度会ってみたいと考えている人は、目を通してみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの役に立つ情報を得られると思います。

このページの先頭へ